M3D的な中性水素結合還元水

中性水素結合還元水天然ミネラル

簡単に言うと、めちゃくちゃ高価な『還元力を高めた水』です。

【酸化】の反対が【還元】ですね。

サビや、老化などの状態は酸化しているようですね。

還元することで修復?元に戻す?アンチエイジング?

っていう感じでしょうか。

20100328-1.jpg

この水を、ヘアカラーや、パーマ、トリートメントに添加して使うことで驚きのトリートメント効果が得られます。

実は、最近美容室の広告(ホットペッパー・チラシなど)で良く見かける『M3D』という言葉。

超ツヤツヤの写真が載ったヤツです。

このM3Dこの『水』を利用したシステムです。

確かM3Dは、アルカリ剤と併用で使用しなければ効果が出にくかったハズです。

アルカリで髪を膨潤させて浸透圧を利用し、中までミネラルを入れ込む事でハリ・コシ・ツヤを出すようです。

その作業を繰り返せば、繰り返すほどツヤ、質感がUPするので、

メニューには、1回コース・2回コース・3回コースというのがあるんです。

更に、仕上げにドライヤーを加えれば加えるほど、驚きのツヤが出て来ます。

普通の髪なら、パサパサになってしまうところですが、なぜか本当に髪は落ち着き、驚きのツヤが出ます。

アイロンで仕上げた方が良いようです。

メーカーいわく処理する事で、沸点が変わるので、熱をあてても傷まないとか。。。

M3Dサロンの宣伝に必ずある、超ツヤツヤになった髪の写真ですね。

シリコンなどでコーティングしたツヤでは無い・・らしい?

「らしい?」と言ったのは、確かにその『水』にはシリコンは添加されていないようですが、ウチで使っているヘアカラーのような特殊なモノ以外、サロン専用のヘアカラーにはシリコンなどの人工感触改良剤が含まれています。

ヘアカラーの退色を防ぐという名目ですが、恐らく手触り、ツヤ出しの為でしょう。

薬剤が残留することに問題があるんですが、ここでは割愛します。

そのヘアカラーとブレンドそてトリートメントと言う訳ですからそのシステムには、シリコンが使用されていると言わざる終えません。

が、BINのナチュラルハーブカラー(シリコンなどの人工感触改良剤は含まれていない)で試しても超ツヤが出ます(M3Dではありません)ので、通常の美容室のヘアカラー剤と併用すればツヤが出るのは当然です。

私は、ミネラルを詰め込む&コーティングは、焼付け塗装的なイメージを持っています。

20100328-3.jpg

BINが使っている『中性水素結合還元水』もM3Dと同じ原理でが、

違うところは中性域でも浸透する、もっと高価な『水』があります。

と言うのは、BINのナチュラルハーブカラーや縮毛矯正は、中性のタイプを多く使っています。

基本的に新生毛以外の部分は、水溶きタイプの中性のヘアカラー剤、中性の縮毛矯正剤でトリートメントしていますので、アルカリを利用して浸透させるM3Dのタイプはでは使えません。

それに、傷めない、修復する。。。と言われても、出来るだけアルカリ剤を付けたくないので使うとストレスが溜まりそうです。

で、使った結果は、確かに良さそうなんです。

それも、沢山入れれば入れるほど・・・(^_^ゞ

 

今は、色々と結果の出る使い方を研究中なのでコソッと使っています(^^)

それなりの結果が確実に出るようで、評判が良かったら、メニュー化&プラス料金でさせていただこうかと思っています。

確かに、ツヤが出ると、かなり喜ばれますからね。


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品