人体の不思議展

人体の不思議展で揉めていますね。
「死」に対する考え方の違いが大きいと思います。

タイなどは、雑誌に死体のカラー写真が当たり前のように掲載されているようです。
日本では考えられない事ですが、
タイ人からすると、日本のようにアチラコチラにヌードの写真が貼られていたり、雑誌にけいさ視されている事が理解出来ない様ですよ。
死体の博物館が有るくらい、死体に対しては寛容なようです。
同じアジアでも価値観が大きく違いますね。


世界では、墓も作らない民族や国のほうが多いんですって。
死んだら、輪廻の新たな段階へ移行しただけ。
という事なので、悲しみますが日本人のソレとは大きく違うようです。
だから、花火にして打ち上げるという発想もあるんですね。


見たい人が見れば良いことで、見たくなければ行かなければ良いような気がしますけどね。
確かにミイラは良いと言う事は難しいですね。
強制されれば問題ですが、個人的には騒ぐほどの事では無いような気がします。 

私は、気持ち悪いので絶対に見に行きませんが・・・。

 


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品