ノンシリコンシャンプーって良いの?

ノンシリコンだから気持ちいい?
ノンシリコンシャンプー売り上げNo1・・・
・・・
・・・
今流行ってますね、ノンシリコンって言うシャンプー??
お客様からも良く聞かれますので、
私の考えを書いておきたいと思います。


まずは、ちょっと復習ね。

以前、良く耳にした「無添加」、「ノンパラベン」
●無添加とは、表示義務のある原料を使わずに作ったシャンプー
●ノンパラベンとは、パラベンという防腐剤を使わないで作ったシャンプー
です。

上の2つのシャンプー、良いシャンプーですか?
私は、これらの言葉を使うメーカーはまず信用しません。

●無添加シャンプーは、
表示しないといけない原料をワザワザ使わないで作ったんです。
それを避けた原料でシャンプーを作っただけ。
当時は裏面を見ても何も書いていなかった。
「ね、これなら目に入っても痛くないし、飲んでも大丈夫ですよ。」
という営業マンまで居ました。

目に入ったら痛いし、飲んだらアカンやろ?


●ノンパラベンシャンプーとは、
防腐剤の「パラベン」を使わずに、多いのは「フェノキシエタノール」という防腐剤を使ったシャンプー剤。
営業マン自体がフェノキシエタノールの存在を知らないで自慢げにノンパラベンを訴えていました。

パラベンは、防腐剤としては優れているんだと思っています。
パラベンにも色々あるので、一概にパラベンと一言ではまとめられないんですね。
食品にも使われている防腐剤で、今の人は、逆にパラベンに慣れている。
パラベンに拒否反応する人は少ないと言えます。
パラベンとフェノキシエタノールでは、どちらが危険かなんて言えないんですよ。
たまたま、表示義務があったか?無かったか?という違いです。

ワザワザ、フェノキシエタノールを使ってシャンプーを作っているメーカーの意図は?


だから、こんな事を謳っているメーカーは信用出来ないんです。

良いシャンプーを追求したら、こういう内容になった。
ひょっとしたら、パラベンは含まれているかも知れないし、
パラベンは除かれているかも知れません。

思いがあって、目的があって、作ったシャンプーだったのか?


時流、流行に乗っただけの商品は消えていきます。




そこで、今流行りの「ノンシリコン」ですね。

そもそも、シリコンは悪いのか?
化粧品にも使われているし、車のワックスなんかにも使われています。
一日中サラサラ・・・付けるだけで3ヶ月強力皮膜がコーティング。

イオン結合させますので、いくら流しても一定量は流れません。
昔の車のワックスは、オイル成分を一生懸命塗り込んでいました。
今のワックスは、スプレーして伸ばすだけ、簡単です。


シリコンの役割は、コーティングして水を弾きます。
サラサラになる、ツヤツヤになる。
あらゆるモノに多く使われています。
シリコンは、数あるコーティング剤の一種です。
美容では主にトリートメント成分として使われています。



一昔前、「リンスinシャンプー」って言うのがありました。
「あった、あった、でも最近聞かないなぁ?」
と思いませんか?
リンスinシャンプーの意味は、想像できますよね。
シャンプーにリンス成分を入れて、同時にやっちゃおうっていうモノです。
コレ、良いですか?

洗うもの、とコーティングするものが一緒になってる。
訳が分からないですよね。
洗いながら、コーティングしちゃうんですから。。。
洗いながら残すんです。


最近聞かなくなった、「リンスinシャンプー」
ほとんどが、リンスinシャンプーになってたんですよ。
資生堂の○○、カネボウ、花王・・・ぜーんぶ。
メジャーなシャンプーは殆どそうです。

自分がリンスinシャンプーを使ってるという自覚
が無い状態で使用しています。
さらに、トリートメントするんですねー。
シリコンまみれで、偽物のツヤと手触りで素髪ではありません。
頭皮もコーティングしちゃうし、首も、背中も流れる所には。。。


じゃー、やっぱりノンシリコンが良いんだ!
って思っちゃうでしょ?

先ほどの、無添加・ノンパラベン、を思い出して下さい。



●ノンシリコンシャンプーとは、
シリコンを使わないで作ったシャンプーです。

シリコンにも色んなタイプがあって、
アミ状になっているので、皮膚呼吸できる、らしいモノとかもあるんですって。
まぁ、見た事もないモノは「らしい」としか言えませんので。


では、シリコンは悪いのでしょうか?

使い方、用途によっては良いものかも知れませんね。


シリコンが悪いのでは無く、コーティングして残すモノを
シャンプーに混ぜている事が良く無いと思います。

「ノンコーティーング剤」とは言わないで、
「ノンシリコン」と言う、謳い文句がポイントです。


ノンパラベンと同じように、パラベンは入っていないが防腐剤は入っている。
シリコンは使っていないが、他のコーティング剤は使っていますよー
って言っている様なものですね。


要するに「シリコンを使っていないので安全」ではありません。
残さないシャンプーが、本来の目的と合致しているシャンプーです。

良いシャンプー剤とは、
刺激が弱く、汚れを落とし、残留させない。


コーティング剤が入っているという事は、
言い換えると、残留させると言うことです。
コーティング剤だけが残留するようなイメージがありますが、
成分全てが残留すると思って良いでしょう。
香料、界面活性剤、防腐剤・・・。

出来るだけ残留させないように作られているシャンプー剤は
その他の成分も残留しないという事です。
と、言うことは、
パラベンを製品の品質を保つために使っていても、
残すのか、残さないのか?
ここでも違いが出てきます。

市販されているシャンプー剤の香りが重要だったりするみたいです。
ところが、匂いが残るという事は、
全部残ってると考えて良いでしょう。

良いでしょうか?


まぁ、シャンプーにシリコンが入っていなくても、
ペアのトリートメントはシリコンが大量に含まれていたり、
シャンプーそのものに別のコーティング剤が入っていたり、
シャンプーの基剤そのものの刺激が強かったり。。。



ノンシリコンシャンプーが優れている訳ではありません。
キャッチフレーズに騙されないようにしましょう。
最近、流行っているからと言って、手のひらを返したように
急にノンシリコンシャンプーを出して来た。
シリコンのみを悪者にして、真実を隠している。

ホント、どの世界も同じですね。



どのような企業が、何のために作った製品なのか?
製品の作り方に筋が通っているのか?

作られてどの位の年月が経過しているのか?
良いからと言って、ずっと在るとも限りませんが、
こういうニッチな分野(一般の人は気にしなかった)の製品は
良く無いモノは、淘汰されていきます。
(大企業がイメージ戦略で売っているモノ以外は)



ちなみに、
ほぼ全てのヘアカラー剤には、シリコンなどのコーティング剤が大量に含まれています。
そして、多くのサロンは、ヘアカラーとトリートメントをセットでメニュー化しています。
地肌から付けるヘアカラー剤にコーティング剤が含まれているんですよ。

その証拠に、シャンプーしてもいつまでもヘアカラーの嫌なニオイが残っていますよね。
匂いが残ると言う事は、先ほど書いたように全ての
ヘアカラー剤の成分が残留していると思って良いです。
ただでも傷むのに、この残留が更に傷む原因になります。


通常(サロン専用、市販のモノ)のヘアカラーをして、
ノンシリコンシャンプーをすると言うのは片手落ちという事になりますね。
最近は、パーマ剤にもコーティング剤が含まれています。
(BINのナチュラルハーブカラーには人工のコーティング剤は含まれていません)



そもそも、手触りを良くしたり、ツヤを出したり、静電気防止、、、
まぁ、良い事に思われがちですが、
傷みを隠すという目的が大きいと思います。

剥がれてくると、またトリートメントを・・。
おまけに水分を弾いてしまうので、乾燥毛が悪化します。


シリコンではなく、コーティング剤に注意しましょう。

シリコン:ジメチコン、シクロメチコン・・・○○メチコン
コーティング剤:ポリオクタニウム-○○(陽イオン化・皮膜形成)残ります。



コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品