スマートフォン

携帯電話の新しい分野で、スマートフォンというのがありますね。

先日もソフトバンクから、Appleの【iPhone4】が発売されて話題になっていました。

NTT Docomoは、【Xperia】という商品を出しています。

この二つ、単なるソフトバンク VS ドコモじゃないんですよ。

Apple VS Googleという巨大な企業同士の争いなんです。

んっ!Xperiaは、ソニーエリクソンじゃ?

って思われるかもしれませんが、XperiaはAndroid(アンドロイド)というOSで動いています。

パソコンと同じで、ハード(CPU・モニターなどの形のあるもの)と、ソフト(Windows・アプリケーションなどのプログラム)で作動しています。

そのソフト部分でGoogleはアンドロイドというOSをオープンソース化しました。

どなたでも使って商品化しても良いですよ。という事です。

それにより、アンドロイドスマートフォンが一気に増える可能性があります。

オープンソースなので、誰でもアプリケーション開発出来ますから、アンドロイドスマートフォン用のアプリケーションも一気に増えそうです。

20100719-1.jpg

スマートフォンは、今はまだ数パーセントのシェアですが、2011年には50パーセントに達すると見込まれています。

XperiaのAndroidのバージョンは1.6で現在の最新バージョンは2.2です。

2.2のバージョンでは、Flash対応(光るフラッシュではありませんよ、最近多く使われているホームページ用のプログラムです。)なのでほとんどのホームページが表示できるのではないでしょうか。

実際、iPadですが、Flash非対応なので表示できないホームページも結構ありますからね。

AppleはFlashには対応していく気が無いようですしね。

20100719-2.jpg

それと、ソフトバンクとドコモでは、圧倒的に電波状況が違うのでAppleには不利です。

私の予想では、Apple VS Googleの戦いは、Google有利だと思っているのですが、どうなる事でしょう?

いずれにせよ、Androidスマートフォン(ドコモ・ソフトバンク・AU各社で発売されています)を買うにしても、バージョン2.2以降にした方が良さそうです。

同じに見えても、それ以前のモノとでは性能が全く違いますからね。

 


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品