Bluetoothで折りたたみ式・・・

手前はiPhoneですが、上のモノは何んでしょう?

20101225-1.jpg

携帯できる、折りたたみ式のキーボードなんです。
接続はBluetoothですので、コードレスで簡単です。

20101225-2.jpg

このキーボードでiPhone、iPodTouch、iPad・その他ケータイや、スマートフォンなどで使えます。
iPhoneがいきなりパソコンのようになるんですよ。
めちゃくちゃ便利です。
ちょっとした文章を書くときは、スッと取り出してササッと打てます(^^)
おまけにスタンドまで収納されています。

まぁ、ポケットに入らなくも無いですが、
この大きさなら、カバンに入れておく方が無難です。。。
いやー、ホントこういうグッズは楽しいですねー。

 

ちなみに興味のある方用に下記を追加しておきます。
商品名は、2000BT3 (Bluetooth HID・US配列・Windows用)
価格は7,680円でした。

アールボードというメーカーから3種類発売されているのですが、
Win用で日本語 JISキーボード(RBK-2100BTJ)
Win用で英語 USキーボード(RBK-2000BT3)
Mac用のキーボード(RBK-2200BTi)

日本語配列の方が使い慣れているので良さそうなのですが、
iPhoneの場合はUS配列と認識されるそうなのです。
と、言う事は、例えば「&」の文字は、JISならShift+6のキーですが、USならShift+7のキーです。
iPhoneでUS配列と認識されるなら、はじめからUS配列を買った方が良さそう。。。
ただ、日本語配列にもUS配列になるシールが付いているみたいです。
まぁー、どうせシールを貼るなら・・・。
と、言う事で、US配列キーボードを買いました。
Windows Mobileなどのデバイスを動かすのであれば、JISキーボードの方が使い慣れてて良さそうですね。

キータッチは、ノートパソコンのような感じでストロークも浅く打ちやすいです。
大きさも通常のキーボードとあまり変わらず、十分でした。

Win用とは言え、私が動かすのはiPhoneですので、ショートカットキーは、Macに準じます。
例えば、コピーする場合Windowsでは「Ctrl+C」ですが、iPhoneの場合、「win+C」です。
慣れるまで戸惑いますが、iPhoneの画面でチマチマ打つよりはマシ。
しかし、Enterキー、縦に長くないので良くミスります(-_-;)
如何に適当に打っていたのかが分かります。


エレコムからもTK-FBP017BKという同じような商品が発売されています。
おそらく、元は同じモノのようですのでOEMですかね。
エレコムの場合は、日本語配列なので私はパスしました。

以上、iPhoneが打ち難いとお嘆きの方、ご一考を(^.^)


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品