【SALON】の記事一覧

山路翔子 さま


はじめまして。

HAIR'S•BAR•BIN代表の山田です。

この度は、リジョブでのご応募ありがとうございました。


応募内容は読んで頂いていると思うのですが、

実は、文字数の制限で全然書けていません。



ご存知の通り、美容室は沢山ありますね。、

そして、その店ごとに全く違う価値観があります。



ある店ではNGでも、ある店ではOK。

こんな事はあたりまえにあります。


それは、経営者の目指しているモノが違うから。



「何が正しいんだぁー??」

って、

自分も若い頃は、

この部分で、随分振り回されました。



結局、

正しいか、間違いかなんて、本当は無いんです。

あるとしたら、

自分にとって都合が良いかどうか?

だけ。



でも、働いている人からすると、

めちゃくちゃ重要な事です。



自分の目指している方向と、

合っていれば良いのですが、

もし、違っていたら・・・。



そもそも、

美容室に就職しようとしている素人も同然の人に

技術のレベルが分かるかどうか?



知名度で選んでしまうかも知れないし、

内装、立地条件、給料や、労働条件、スタッフ構成・・・。


選択する条件は沢山あるでしょう。



家からの距離なんて重要ですよね、



ただ、私がアドバイスするとしたら、



まず、面接のアポイントを取ります。


良く、サロン見学だけを希望される方が

いらっしゃいますが、

どうせなら、面接を希望しましょう。

話してみないと分かりませんし、

2度手間になります。

話してみて、気が乗らなければ断れば済む事です。

断られるかも知れませんしね。

お互い様です。




面接が営業時間終了時なら、


面接時間より早く行って、

営業中のサロンの見学をさせてもらう。


どうせ技術の善し悪しは分からない(失礼)ので、

雰囲気、空気感をチェック。

客層をチェック。

(曜日や時間によって変わるのでおおまかに)



それが営業中なら、そのままで問題無し。



サロン外なら、サロン見学も申し出ましょう。



一番分かりやすいのは、

自分がお客さんとして、

このサロンに来たいかどうか?

価値観が合うかどうかですね。


何でも相談しやすそうかなぁ?

ちゃんとやってくれそうかなぁ?


そんな目線でチェックすると良いですよ。




面接は 「される」 と、

思っている方が多いようですが、

こちらからも、面接しているつもりで、

質問したり、チェックしましょう。



これから大切な時間の多くを過ごす場所です。

そして、なにより、

学び、 働く場所 。



そんな重要な事を決めるのですから、

受け身にならず、

積極的に面接に挑むように。



働きたい=働いてもらいたい


どちら側も一緒です。

どちらが偉くて、

どちらかが下って事はありません。


どちらも無くてはならない、

必要な事なんです。


そして、お互いに

感謝し合える関係が素晴らしい。




はじめに働いたサロン、

または、技術者になったサロンで、

将来の位置が大きく左右されると思います。



技術は積み重ねです。

基礎が弱いと、高く積む事は出来ません。


一軒家の基礎に、

ビルは建てられませんね。


当たり前のようですが、

美容師で自分の基礎の大きさを

知っている人って少ないと思います。


自分より下の基礎は分かりますが、

上の基礎は分からない。



だから、

アレやりたい!って思ったら、

今のままの技術の上に、

アレを積もうとするが、上手く行かない。


では、どうします?


今の基礎をぶっ壊して、

新しい基礎を立て直しますね。

それしか方法はありません。



これ、簡単そうですが、

まず出来ません。


若いうちはともかく、

熟練になればなるほど出来なくなる。


だんだんプライドも高くなりますからね。




はい、

では、基礎とは?


技術の基礎もあります。



しかし、その前に、



メンタルの基礎ですね。


考え方 や 目的 や コンセプト

など。



企業でも、しっかりとした理念を持って、

それに沿った動きを続けている企業は安定して成長すると思います。



その為に、どういう事をやっているのか?



注意したいのは、

「こうなったら、こういう風にしていこうと思っている」

っていう言葉。


・・・なりません。


こうなったら、「する」のではありません。


こうなる為に「する」んです。



だから、そういうサロンは一生ならない。



そういう、曖昧な言葉ではなく、


今の現実だけを見た方が良いと思います。





美容師という職業を選んだ。


という事は、


美容師として働いている自分をイメージ出来たハズです。


理想の美容師像ですね。


チェーン店にはチェーン店の良さがありますし、

大規模店には大規模店の良さがあります。

個人店もしかり。。。

それぞれ、メリットがあれば必ずデメリットもあります。

考えすぎると難しくなりますので、


この人のもとで勉強したい。


この店で働きたい。


と、思えるサロンを選択して下さい。




そして、決まったら、


「素直」


コレが一番重要です。



フィルターをかけずにやる。



なぜ、言われてるのかは分かりません。


当たり前です。


分かったら出来ます。



信じて、素直に行動する事。


コレが一番の早道です。




職場選びって重要ですからね。



何かの足しになれば幸いです。






縮毛矯正について 2

システアミンで、手がムクムと書きましたが、
それ以前の高いアルカリ性薬剤の時は、
アルカリでツメが剥がれそうになってました。

ツメと、皮膚の間に細かい髪の毛が入り込んで来るんです。
針とかを使って取り除くのですが、、、。
さすがにコレはマズイなぁーと思っていたのですが、
どうしても手袋をいちいち着けたり取ったりしている
ヒマもありませんでしたから(-_-;)


では、システアミンに話を戻しますね。
粒子が細かい分、キューティクルをあまり開かなくても内部まで潜入し、
結合を切ることが出来る。
その結果、髪をあまり傷めない。

しかし、髪を傷めない=優しい薬剤 では無いんですね。
皮膚のバリアを通過して体内に入り込むイメージです。
容易に体に悪い事が想像できます。
縮毛矯正の場合、地肌に薬剤が付く事は余りありませんから、
お客様より、美容師側に危険があります。

その問題は、手袋をしっかりするようにすれば解決出来ます。

使わなくなった理由は、ニオイの問題が解決出来なかった事が一番の理由かな。

完璧にニオイを取る方法を見つけて、「やった!コレはスゴイぞ!」
と喜んだ商品が「ケミカル○○○」
しかし、売れなかったのか、メーカーが製造中止?
もしくは、倒産したのかな?
とにかく、入手出来なくなりました。


で、現在BINでは「ラクトンチオール」という
化粧品類に属するカーリング剤などを使っています。
この原料もキューティクルを開かず結合を切ってくれます。
システアミンのようなニオイもありません。
ただ、このラクトンチオールにもクセがあり、
コレだけを使っても思った結果には成らないんです

その結果、独自にラクトンチオールを使った縮毛矯正剤を作っています。
化粧品類どうしを数種類ブレンドし、更に使用方法を工夫して、
それなりの結果が出せるようになりました。

なーんか、いろいろ探しているうちに、オリジナルになってしまうんです。
納得のいくモノに出会わないので、作りたい訳じゃ無いのですが、
考えてみると、使っている薬剤はオリジナルばっかり。


とにかく、繰り返し施術される方が多い。
しかも、パーマと縮毛矯正を交互にされる方もいらっしゃいます。
極力、傷めないで、お客様も美容師も安心して施術できる方法を探しますね。


と、言うことで何が言いたいのかと言うと、
システアミンの入った縮毛矯正剤はBINでは完全NGなんです。

今回の講習で使われていた縮毛矯正剤には、
残念ながらシステアミンがメインで使われていました。

やっぱり、臭うんです。
久し振りに嗅ぎました。
懐かしいような・・・。

メーカーの方いわく
「かなりニオイが軽減されていると思うのですが。。。」
との事。
いやいや、臭い、クサイ!十分臭いますよ。
自分のところでも過去に使っていたので、エラそうに言えませんが。

しかも、残留感もスゴイ感じました。
コーティング剤の影響でしょう。

ウチの縮毛矯正は、一切コーティング剤は使っていませんから、
仕上がりも軽いですよね。(お客さんに同意を求めている状態)
今や忘れている方が多いですが、素の髪は気持ちが良いです。


せっかく今回は講習まで受けたのですが、丁重にお断りさせて頂きました。
まぁ、ウチの縮毛矯正の方が仕上がりも良さそうでしたしね(^_^ゞ


美容師によって、感覚も考え方も違います。
いち、美容師の意見だと思ってください。

それにしても、縮毛矯正は奥が深いです。
何でも奥が深いのですが・・・。

次は、パーマについて書いてみたいと思います。

 



縮毛矯正について

先週に行った講習についての私の考えです。

薬剤メーカーの縮毛矯正の講習でした。

BINは、ヘアカラーをされるお客様が全体で7割もいらっしゃるんですよ。
で、その次に多いのが、実は縮毛矯正のお客様です。
ちなみに、カットは抜いていますよー(^^)

縮毛矯正

縮毛矯正をちょっと振り返りますね。

アイロンの縮毛矯正のパイオニアのファイテン社の「リペア」。
BINでは、このシステムが開発された当初から取り組んでいました。
それまでのストレートパーマといったら、ちょっとはマシになるレベル。
全く意味の無い髪質もありました。
髪をパネルに貼り付けたり、専用のコテ(熱は加えず)で伸ばしたり。
ダメージが半端じゃなかったんです。

Mr.ハビットという一世を風靡したシステムもありましたが、
ナチュラル好きな私は受け付けませんでした。
髪を樹脂(セメダインや、プラスティックのようなモノ)コーティングして
クセ毛の髪を無理やり真っ直ぐにします。
簡単に言えば、髪をストローで覆ってしまう感じです。
確かに真っ直ぐにはなりますが、不自然過ぎて・・・。

では、その後どうなったのか?と言うと、

今から15年くらい前になりますか?(アバウト)
当時、美容業界の大手メーカーは様子を伺っていたんですよ。
美容業界では新参者のファイテンというメーカーが、
加熱アイロンを使った縮毛矯正でどうなるのか?って。。。

熱を使うことによって、かなり危険性が高いわけです。
中には、髪をボロボロにしてしまったサロンもありました。
それなりの結果を出すには、かなり難しかったのですが、
ファイテンの縮毛矯正「リペア」は、急速に伸びました。
その結果を見て、美容業界各社一斉にアイロンによる縮毛矯正の薬剤を出してきました。

しかし、当時の縮毛矯正の薬剤はアルカリ性が強く、
かなりの危険性を持っていました。
下手をすると、髪が死んでしまいます。
しかし、死ぬ直前がベスト。
用心して手前で薬剤処理を終わらすと、パサパサな感じになってしまいます。
更に、薬剤の塗布量を使い分けることで、パワー調整します。
そして更に、アイロン前のドライングの仕方でも結果は違ってきます。
そしてアイロン操作。
テンションをかけず、優しく、絶妙な温度、スライス幅。
これら全てがパーフェクトでないと、最高の結果は出せませんでした。

本当に神経が擦り切れる思いで施術していました。
ですから、料金も25,000円はしていました。
Mr.ハビットなんて40,000円以上していましたからね。

しかし、いくら上手くいっても
回数を重ねると、最初の仕上がりから、ドンドン質感が落ちていきます。


その後、規制緩和によって美容室で扱える薬剤が増えました。
しかも医薬部外品ではなくて、トリートメントなどと同じ分類である、
「化粧品類」の還元剤が画期的だったんです。

髪への負担が少なく、髪の内部まで入り込んで作用してくれます。
縮毛矯正の敷居が一気に下がりました。

その中の薬剤の一つに「システアミン」と言う原料があります。
BINでもシステアミンの薬剤を使っていましたが、
現在では全く使っていません。
最大の欠点は「臭い」。
髪質によって大きく違うのですがドブ川のようなニオイがします。
特に濡れている時に。
メーカーは、トウモロコシを焼いたようなニオイ。
と仰っていましたが、
そんな美味しそうなニオイと違いますよ。


システアミンは結果は良いのですが、ニオイの件と、アレルギーの件。
当時は忙しいのでどうしても手袋を着用しないで
直接薬剤に触れる事も多かったんです。
テストも難しかったですからね。
結果、いつっも私の手は異様なニオイを放ち、むくんでいました。
粒子が細かい分、人体へも潜入してきます。

・・・続く




もらってばかり。。。。

先日は、手作りの「七味」じゃ無くて、「十二味」を頂きました。

私、唐辛子好きでして、周りにビックリされるくらいかけるんです(^^;)

頂いて、すぐに食べてみました。

海苔の香ばしさが効いていて、とても美味しかったです。

このオリジナルシール、カワイイですねっ!

これも、人にあげようと思わなければ作らないでしょ。

全部想いのこもったプレゼントですね。

素晴らしい です。

十二味

そして今日は、オランダの可愛いお土産を頂きました。

私が雑貨好きなのをご存知なんでしょうねー。

と言うか、あれだけあれば誰でも分るか(^_^ゞ

雑貨でも、顔に似合わず可愛いのが好きなんですよ。

特に、黄色。。。。

バッチリ!

さすが。。。やなぁ(^.^)

オランダのリアルな話も聞けて幸せです。

20120304-2.JPG 

ウチのスタッフのお客様からも、毎日のように美味しいモノを頂いております。

ご存知だとは思いますが、ブログは「頂きましたぁー」がやたら多いですもんね。

ホント気遣いが素晴らしいですね。

何といえばよいのか、この世知辛い世の中で。。。と、思いません???

 

こうなってくると、

「私に何が出来るか?」って考えさせられます。

毎日、毎日、いっぱい考えてるんですが、

浅いというか、利己的というか、恥ずかしくなります。

少しでも、深く、喜んでいただける方向考えて行きますね。



20周年ケーキを頂きました

お客様から「20周年おめでとうございます」と、
とっても可愛いケーキを頂きました。
それも、大好きなヤマオのケーキ。
事前に予約してくださっていて、お見えになる前に取に行って下さったのでしょうね。
そのお心配りがとても嬉しかったです。
皆で美味しく頂きました。

ウチの店は、心の豊かな方が多いと思うんです。
何かしていただく度に、いつも思います。
「そんな心配りの出来る人間になりたいなぁー」って。

素敵なケーキでしょ?

BIN20Thケーキ

ちゃんと、20本のローソクが付いていて、、、
懐かしいなぁー・・・と言うか、
20本のローソクを消した記憶が無いんですけど。
んっ?・・・誰かに祝ってもらったっけ(・_・;)?

20本のローソクを消した思い出が出来ました。
ちゃんと一息で消す事が出来ましたよ(^^)



チョットした違いですが。。。

__.JPG

面白かったんですよ。
近所の函館市場が大起水産に変わったので、みんなで食事に行ってたのですが、SAORIが一言、
「ほんズワイガニにくぼう」
んっ!気づいたYUKOとCHIAKIは、今、逆に言いませんでしたぁ?
と二人で笑だし(^^)
発した本人は何を笑われているのか、しばらく気づかず、、、
気づいた時には「大きい声でいってしまった・・・」(^_^;)
と苦笑い。
みんなで爆笑してしまいました。
それからは、レーンを流れて来る度に全員このプレートが気になって(^^;)

まぁ、間違い易い感じではありますね。
以前もマッコリをモッコリと失言してしまったSAORI。
スタッフは慣れているので、少々のまちがいはスルーなのですが、今回は久々のHITでした。
ホントいつも笑わせてくれます。
きっと、このブログを読まれた方もこのプレート見たら、笑ってしまうんやろうなぁー。

このニクボウ、いやボウニクですか?
ポン酢で食べたら美味しかったですよー(^-^)/





20周年を迎えて

先日の10日にBINは20周年を迎えることが出来ました。

ありがとうございました。

20周年と言っても、私としましてはあっという間で
これと言った実感も無いのですが、
スタッフがサプライズをしてくれまして(^^)

BIN 20th

ケーキと、カードをくれました。
うーん、なかなか良い事を書いてくれていて、感動しちゃいました。

Happy-BIN-20th

暖かく見守って、お付き合いして頂いているお客様に感謝しております。
何かイベントでもしようかと思ったのですが、
皆様に平等に気持ちを伝える術がなかなか思いつきませんでした。
基本的にイベント事はあまり好きじゃ無い方ですので(^^;)
あっ、新しくローラーボールを買いましたよ(^.^)


ただ、今、居てくれてるスタッフは4名ですが、
素晴らしいスタッフが揃っていますので、
何か無いかなぁーと思っていたら、
先日作ったオリジナルのドライカット専用シザーを思いつきまして。
これならピッタリだ!と言う事で、
それぞれの名前入りでプレゼントさせてもらいました。
何とか、10日の夕方ギリギリ間に合って良かったです。

私に出来ることは、スタッフに気持ちよく仕事をしてもらう事が、
お客様にも還元される事になるかなぁーって思っています。

このドライカット用のシザーに付きましては、どんなものか、
気になる方もいらっしゃるかも知れませんので、また書かせて頂きますね。


思うに、20周年も単なる通過点です。
私は、今も技術的にも日々進化し続けていますし、
スタッフ達も伸び盛りなんです。
技術なんて深すぎて到達点は無いでしょうし、
人間の成長にも、これで良いという事はありませんよね。

経営者は遊んでいても、飲んでいても、旅行していても仕事から頭が離れることはありません。
ココ最近は視野を広げるという事に重点を置いています。
役割も少し変わってきていますので、
最近私、店にちょくちょく居ません(^_^;)
・・・と、正当化しておいて。。。

20年経った、これからが本番という気がしています。

これからも、スタッフ共々よろしくお願いします。



CHIAKIのキャラ描きました

「私もブログ書きたいですぅー、山田さん描いて下さいよっ!」

って、言うもんですから、、。

簡単に言ってくれるけど、大変なんですよねー (^_^;)

でも、スタッフが自主的にブログに参加したいと言ってくれているんで、描いてあげないと。。。

 

昨夜、12時回ったあたりから、やる気になりまして。

いつでも出来るわけじゃないんですよねー。

その気になった時にやらないと、またズルズル・・・

久しぶりにホワイトボードを引っ張り出して描いてみました。

Chiaki-Base.JPG

それをデジカメでパソコンに取り込んで、汚れや明暗を取り除いて、色をつけてちょっと加工して出来上がりです。

 chiaki

その画像を元に、スッタッフのブログに表示できるように、トップページ用、ちあきの個人用、タイトル用と、バックの色用の4種類作ります。

wellcome-all.jpg

トップ用

wellcome-chiaki.jpg

CHIAKI個人のカテゴリ用

title-chiaki.gif

タイトルのバック画像

back-chiaki.gif

CHIAKIの記事のバック色用

その画像をサーバーにUPして、ブログのシステムにChiakiのカテゴリーを作り、表示できるようにテンプレートを加工。

久しぶりに触ったので忘れてて・・(-_-;

 

出来上がったら4時回ってました。。。。

朝、起きてきた娘の友達が、ホワイトボードを見て

「うわっ、AKARIちゃんにそっくりぃー」

「AKARI」と言うのは私の娘でして。

ちっ、違うんですけどぉー (≧∇≦)

CHIAKIにも似てますよね?

んっ?

なに??

・・・・・

また、気が向いたら修正しますよ。

 

 



いきなり、ソフトバンクの営業の方がお見えになって、

「Wi-Fiを設置させてもらってよろしいでしょうか?」

との事。

ソフトバンクのWi-Fi

まぁ、聞けばウチの負担は電気代のみのようです。

「良いですよーー」

という事で、10分程度で設置完了。

店の写真を撮ってましたので、こんな所に設置しましたよ。

という会社への報告のためか、

ソフトバンクのHPからリンクを貼ってくれるそうですので、

そのための写真でしょうか。

 

スマートフォンが増えて、データの通信量が増えて限界なんですよね。

その為、出来るだけWi-Fiの電波を使ってアクセスしてもらいたい。

と、言う事でしょう。

 

電波の届く範囲は、ウチの店の中くらいなんですよ。

これを、日本中で何台設置する予定なのでしょうか?

SoftBankのお父さん

入り口のドアには、たまたま犬の絵が二つ並びました。

 

何はともあれ、SoftBankのユーザーは、BINではソフトバンクのWi-Fi通信が可能ですよ。

Wi-Fiなので、iPhoneのFaceTimeを使ってビデオ通信も出来ちゃいます。。。。

が、未だにFaceTime使ってる人見たこと無いなぁー (^_^;)

 

 

 



★48個の星条旗

今は無き、「マグニチュード2000」のオーナー、学ちゃんにもらった、扉は以前紹介しましたが、

星条旗も頂いていたんですよ。

扉と星条旗で、マグニ復活です( ̄ー ̄)

 

クリーニングに出そうとしたのですが、生地が持たないだろうという事で止めました。

星条旗

この星条旗、学ちゃんがアメリカで、のみの市で買ってきたとか。

結構、骨董モノで星条旗の星の数が48個なんです。

6 X 8 = 48 でキレイに並んでいます。

 

この星の数は「州」の数なのはご存知だと思うのですが、

48個はどのくらい前なのかなぁーと調べてみたら、

1912年に、ニューメキシコとアリゾナが加わり46個から48個になったようです。

約100年前ですね。

それから、アラスカが加わる1959年までが、星条旗の★48個です。

まぁ、古ければ、約100年前、

新しければ、50年そこそこという事になります。

ちなみに、1959年にはハワイも加わっていますので、

星条旗の星の数は1960年から現在まで50個になっています。

 

この星条旗、どこに立てられていて、どんな経緯でBINに飾られてるのなかなぁ?

と、想像するとロマンを感じますね。

 

・・・が、

1941年から、1945年まで太平洋戦争で、

この旗と戦っていた訳ですから、

それを考えると、複雑な気分になりますが。。。

 

まぁ、BINにお見えの時は、ぜひ、この星条旗を見て色んな思いを馳せて見てください。

 




TOPPAGE  TOP 
投資信託商品