ハッブル宇宙望遠鏡は

ご存知でしょうか?

最近、131億光年先の星まで確認できたそうですよ。

分かります?131億光年ですよ。

光の速度で131億年かかるんです。

実は、遠くの星を見ることは、昔を知る事につながるんです。

20100513.jpg

何のこと??でしょ。

例えば、100光年先の星の光は、100年前に発せられた光ですよね。

それが、より遠くの1000光年先の星の光は、1000年前に発した光なんですよ。

と、言うことは、

1億光年先の光を見ることが出来れば、

1億年昔の宇宙を見ていると言うことになるんですよ。

確かに・・・理屈はそうですね。

そう言えば、速度=距離/時間でしたね。

時間と、距離は親密な関係してた。

宇宙はものすごい速さで広がっているそうです。

距離=速度/時間ですしねー。。。?


ところで宇宙は137億年前のビッグバンで作られたと言われていますので、

あと、6億光年先が見えたらどうなりますか?

宇宙の始まりが見えるのでしょうか?

?????

この時差?、ややこしい話ですねー。

今を見る事は出来ない・・・と一瞬思いましたが、

地球周辺は今、137億光年先は、137億年昔。

望遠鏡で遠くを見ると言うことは、歴史を見ると言う事と比例するんですね。

どこで?ビッグバンは起きたの?

地球を中心としても、宇宙は360°に広がっています。

360°先にビッグバンがあるんですか?

離れれば離れるほど広くなっていきますよね。

 

時間の感覚もちょっと変になってきました。

地球を中心としてみると、

今、宇宙を見ている私たちの地球が最新で、

離れるにしたがって古い情報になる訳ですよね。

と言う事は、地球からすると、向こうからコッチを見たら未来という言い方も出来る筈ですが、実際は過去な訳ですね。

ややこしいでしょ??


実は私、以前に一度だけ、自分の中に宇宙があるのを見た?感じた?事があります。

なぁーんや、ココにも宇宙があるやん!

宇宙は上に有るもの。と思っていた私は(あたりまえですが・・・)、

その時、妙に納得した事がありました。

中にあっても不思議じゃないと。

宇宙のことを考えてたら思い出しました。

ひょっとすると、人間一人ひとりの中に、

宇宙のような広がりと無限の可能性を持っているのかも知れませんね。


話がそれましたが、いやーー宇宙の話は実に面白いですね!!

人間の一生なんて、、、

織田信長の時代からすると、寿命が延びても80年そこそこ。。。

十倍長生きしてもで8百年、

百倍で8千年、千倍で8万年、1万倍で8十万年、十万倍で8百万年、百万倍で8千万年、1千万倍で8億年、1億倍で8十億年。

やっと宇宙の始まりに近づきましたね。

一生の数億倍で宇宙の歴史に相当します。

・・・・・・分かりやすいかと思ったのですが、

やっぱり、良く分かりません(;^_^A

宇宙の外にも何かあるんでしょ?

もう、完全に私の限界を超えました・・・。

 

とにかく宇宙は、永い、大きい、広い・・・

とにかく人間は、短い、小さい、狭い・・・

今までも、振り返ったら一瞬でした。

10年、20年後、振り返ったら今まで以上にきっと一瞬ですよね?

一瞬で、とても短い人生を、出来る限り大きく、広く、

大切に生きて、出来る事は全てやり遂げたいものです。



コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品