最近、ケータイのゲームで

「グリー」というのを紹介してもらって一週間ほどやったのですが、
とてもうまく考えられててビックリしました。

ゲームの中味は大したものではないのですが、そのシステムが上手い。
仲間を作ったり、友達を増やしたりして協力し合う事で得点が上がっていくんです。
実際は、顔も見た事のない人間同士ですが、アバター(分身ですね)を通じて友達になります。
そして、ゲームの中でコミュニティーが大量に発生する。
そこでの挨拶や、声掛けでコミュニケーションを取り合ってるんです。
確かにこれなら、引き篭もりでも生きていけそうです。

ゲームの中で、お金を儲けたり、沢山の友達を作ったり、
そして優越感を感じたり、見下したり、、、しながら辞められなくなるんでしょうね。

そして、驚いたのは、その人数です、
数百万人がやってるんですよー!(◎_◎;)

飲み屋さんでもそうですが、お客さん同士が友達になって、コミュニティを作ってくれるとうまく行くんです。
経営者は、そういう雰囲気を作るだけ。
みんな、寂しいし、友達が欲しいのは普通ですからね。
ただ、調子に乗って自分のテリトリーとして偉そうになる人はが居るので
その辺りの空気には注意が必要ですが。
良いお客さんは、自己主張せず、謙虚で決して偉そうにしないものです。
リアルの世界では調子に乗せるのも、皆を楽しませるのも経営者の器になりますが、
デジタル空間では、システムを作ってしまえば、数百万人の人間を集める事が出来るんですね。
そりゃぁー儲かるでしょう。

ソフトは作るのに少々お金がかかっても、出来てしまえばタダですからね。
実際に使えもしないお金を集めて、バーチャルで買い物をして、バーチャルで友達をつくって。
年齢も、性別さえ疑わしい人も沢山いそうですヨ。

やってみないと分からなかったので、とっても良い経験をさせて貰いました。
でも、無駄な時間過ごす暇ありませんから止めときます。


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品