いわゆる「マイナス思考」?

人間は、無意識のうちに「足し算」をしているんじゃないか?って。

  アレをしなければならない。

  コレをしたい。

それもそうですが、

  何を摂取すれば体に良いか?

  この症状に足りないものは何か?

こんな考え方も、

  成長したい。

  大きくなりたい。

全部、「足し算」のように思います。

常に「足し算」を強いられてきた来たのかも知れません。

 

その結果、時間がない、、、ヒマがない、、、余裕が無い。

ネバ・・ネバ・・と、気づく度にまたひとつ鎖が増える。

 

しかし、ようく考えてみたら

何かを始めようと思ったら、何かを止めないと出来ません。

大きくなりたかったら、まずは壊さないと広がりません。

 

その「引き算」が難しいのかなぁー、と思います。

止める勇気は、始めるよりパワーが要るかも知れませんね。

 

結局、ストレスが溜まって、色んな弊害が起きてきます。

ネバ・ならない・有るべきだ と思った時が危険ですよね。

今年はもっと「引き算」の考え方を・・・・・んっ?

これって、いわゆる「マイナス思考」なのか?

 

などと考えている時に、

ウチの2つ年上の兄が、

「人間、食べなくても生きられるんや!」と言うのです。

話半分以下に聞いていたのですが、どうも本気らしい。

「この本読んでみぃ。」

と渡されました。

一言、「この本読んで、納得したん?」

って聞くと、「うん」と言うので、

「じゃぁ、読んでみようか。」という事になりました。

 

数ページ読んだだけですが、私が引っかかっていた疑問が解け始めました。

世の中、やっぱり面白いです。

続きは、読み終えてから・・・(^^)

 


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品