不食実践ノート

先日、兄が貸してくれた本「不食実践ノート」読み終えました。

20110105-1.jpg

この本に対しての感想を書くと、本が一冊書けそうな位いの文字数になりそうです。

実体験からの気づきが沢山ありました。

コレを書きだすと、本当に長くなりそうなので割愛して書くと、

・人は食べなくても生きていられるかも知れない。(実際に多数存在するようです)

・やはり、今の世界の常識のあらゆるものが、利権、ビジネスと絡んでいる。

・食べても良いし、食べなくても良いという自由もある。

・20歳位の体重がその人のベスト体重と言われれば納得。

・なぜ、瞑想出来ず眠ってしまうのか。

・食べると辛くなり、食べない方が体調が良い理由。

などなど。。。

生きる為の底辺の常識である、「食」という言葉の意味と、考え方を一度リセットした方が良さそうです。

しかし、全て鵜呑みにすると、かなり危ないですよ。 

下手すると死にますからね。


食べても良いし、食べなくても良いのなら、

食べる事も楽しみ、食べない事も楽しみたいと思います。


ちなみに、12/31から1/3まで、飲んで食べて体に負担をかけ過ぎましたので、

休ませる意味で、4日-うどん1杯、5日-そば1杯 で過ごしました。


それにしても、20歳の体重かぁ、私は60kg位でした(^^;

確かに、筋力は落ちてるのに重いのは良くないでしょうね。

今は、セーブしていて72kgですから、一気に目標値が・・・。



 

 

 


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品