幸せって?

『ホンマでっか!?TV』結構面白くて良く観るのですが、
さっき、「幸せ」についての考え方が面白かった。
さんま曰く、「幸せという言葉は要らない。アレがないともっと落ち着いて・・・」
私もホンマにそう思います。
幸せ感って、自分が決めることで、定義はありませんよね。
自分が幸せだと思ったら、幸せで、不幸だと思えば不幸です。

同じ現象になっても、心から幸せだと思える人と、不幸だと思う方がいらっしゃいますよね。

それに、ハタで見ていると「可哀そうに・・・」と思っても、当の本人は「幸せ」だと感じているかも知れません。

「幸せになりたい。」
常に変化する幸せ感・・・
実は幸せの定義なんて無いんでしょう。
なのに、目標で「幸せになりたい」という言葉が良く出てきます。


それなら「幸せだと感じられる自分になりたい。」の方が良いのかも。
経験1つで、昨日は不幸だと思っていても、今日は幸せだと思えます。
結局、幸せは、外では無く、内にあるんですね。


そもそも、幸せが延々と続くことは無いでしょうし、
危機感の無い状態はカラダにも、脳にも良くない。

ホンマ、当たり前のように使っている「幸せ」という言葉。
幸せと感じている日本人の小学生が13%で世界で一番少ないというアンケート結果。
何が幸せなのか分からなくなった日本人。
開国時、日本人の子供の目は世界一輝いていたそうです。
経済的に豊かになって、心が曇る・・・


進化の過渡期なだけで、この先に何かあるのでしょうか?
それとも、昔のほうが良かったのでしょうか?

人間個人と一緒で、国自体が自立していない事が問題なのかなぁ?
それともそんな次元ではなく、映画「マトリックス」のように、作られた世界で生かされている。
のかも知れません。

何を突き詰めても、結局、
自分で生きているのか?
誰かの都合の良いように生かされてるのか?

反応しているだけではなく、自分は生きているか?
という所にたどりついてしまいます。



コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品