切り替えないと・・・

日本の製品は高性能で優秀だと思っていたのですが。。。残念です。

Docomoのスマートフォンが出揃ってみれば、
一番性能が良かったのは、サムスンのギャラクシーSだと思います。
日本のスマートフォンは余計な機能が付いているが、基本性能が悪い。
ギャラクシーが、iPhoneのマネだとバカにする方も居ますが、
iPhoneは、それほど洗練されているんですよ。

機能的なことを簡単に書くと、

レグザフォンは、大きすぎて片手で打てないのと、私のケータイで懲りているのですが、防水のためワンセグの受信が悪すぎて、実質使いものにならないんです。

シャープのIS03は3Dの為、ぼやけた感じで動画を見ていると酔います。
分厚い。重い。動作も重い。

内蔵メモリーの差が大きく、アプリを沢山インストール出来ないモノがあります。
音楽や動画にしても、SDに保存するのですが、動作が遅い。
スムーズに動きません。
SDの読み書きの速度が遅いのが原因かと・・・。
バッテリーが持たない。

ベースの機能で優位に立っているのは、やはりギャラクシーでしょうか。
内蔵メモリーが、他は数百メガバイトに比べ16ギガバイトは余裕。
更にSDカードが使えますからね。
軽くてシンプル、大きさも何とか片手で打てるサイズ、CPUも他より優れているようです。


昨年、売上を大きく伸ばしたサムスン、純利益が1兆位千億円だったそうです。
それに引き換え、日本企業大手8社を合わせた純利益が7千億円ですよ。
おまけにエコポイントなどで、国からの支援があってこの数字ですからね。
完全にヤラれています。


日本の製品は世界一優秀で・・・
過去のモノとなってしまいました。
技術も、売上も負けている。


昔、美容師はロンドンに習いに行きました。
しかし、私たちが行く頃には、イタリア人の先生が仰っていました。
「日本人に既に抜かれているのに、ロンドンの若い美容師は、自分たちの技術がが世界一だと思ってあぐらをかいている。」

同じような気がします。
日本に追いつけ、追い越せ。と企業努力をしてきたアジアの企業がとうとう抜いてしまった。
抜かれているのに気づかず、未だに世界一だと思い込んでいる日本人。

大変だ。

 


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品