タイを紹介5(トゥクトゥク)

タイと言えば、トゥクトゥクですね。

このトゥクトゥク、始まりは日本のダイハツ社三輪車のミゼットなんですよ。
しかし、不思議な事実を発見しました。

バンコクのトゥクトゥクと、プーケットのトゥクトゥク、アユタヤのトゥクトゥク、全部違うんです。
不思議ですね。

バンコクのトゥクトゥクはタイのオリジナル車ミゼットの改良版です。

20110221-85.jpg

プーケットのトゥクトゥクは日本の軽四です。

20110221-84.jpg

アユタヤのトゥクトゥクはミゼット健在(^^)

20110221-83.jpg20110221-81.jpg

で、パタヤにはトゥクトゥクはありません。

ソンテウという同じルートを回り続け、どこで乗っても、どこで降りても良い乗り物。
一回20バーツ払います。
恐らく、タイ人は10バーツですが。
乗る時き、価格を聞かず、降りるときに黙って10バーツ払うのが正解です。

20110221-86.jpg

同じ国でも地域によって価値観が変わる。
不思議な国ですね。


コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
投資信託商品